〒761-0303 香川県高松市六条町166

お問い合わせ

香川県 高松市 下肢静脈瘤 日帰り手術 動脈硬化 足 むくみ 静脈瘤

トップページ院長・スタッフ紹介院内紹介当院のコンセプト交通アクセス

下肢静脈瘤

コンテンツメニュー

院長コラム

この道走ろう日記

思い出のこの道走ろう日記

ウルトラマラソンの世界

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

トップページ»  下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは、血液の逆流を防ぐ静脈の弁が正しく閉じなくなり、血流が逆流することによって下肢の静脈が太く浮き出る病気です。脚は、日常生活では心臓より低い位置にありますから、血流が滞りやすいです。特に立ち仕事の人、肥満の人、妊娠中の女性は脚の静脈内圧が高くなり、静脈がふくれやすくなります。足首を動かしてふくらはぎの筋肉を伸び縮みさせると、筋肉がポンプ作用によって脚に溜まった血液が押し出されますから、じっと立っていたり座っているのではなく、脚を動かすことが大切です。また、足首の動きを妨げるハイヒールを履くことや腹部を締め付ける下着、朝風呂で脚を温めてしまうことは避けてください。命に関わる病気ではありませんが、放置しておくと様々な問題を引き起こします。


下肢静脈瘤になりやすい方

  • 妊娠中の女性
  • 肥満の方
  • 立ち仕事の方
  • 矯正下着のように腹部を締め付けている方
  • ハイヒールを履くことが多い方
  • 血縁に静脈瘤のある方

下肢静脈瘤の主な症状

  • 脚がだるい、痛む
  • 脚がむくむ、脚がつる
  • 脚がかゆい、湿疹
  • 脚の潰瘍、色素沈着

静脈瘤合併症など

下肢静脈瘤の診断

下肢の静脈は、弁が壊れて逆流(重力で落ちてくる)が起きるか血栓で詰まることによって障害されます。超音波と空気容積脈波によって痛みを伴うことなく検査することができます。

空気容積脈波検査(APG)

空気容積脈波検査(APG)空気容積脈波検査(APG)

静脈血の心臓への戻り具合を検査する画期的な装置です。痛みを伴わずに静脈の弁機能の閉塞の有る無しが分かります。

超音波検査

超音波検査

この検査は、どの静脈の弁が壊れているか、閉塞はあるかなど、形態的な診断をするために行います。弁が壊れて逆流があると、写真下左のように赤い逆流波形が観察され、詰まっていると写真下右のように血栓が見られます。

超音波検査
超音波検査

下肢静脈瘤の治療

血管内治療(保険適応)

下肢静脈瘤に対する血管内治療として、従来はレーザー焼灼術だけでしたが、このたび高周波焼灼術が保険適応になりました。

下肢静脈瘤に対する新しい治療法が登場!・・・高周波焼灼術

venefit closurefast

これはカテーテルの先端に7cmの長さの金属コイルがあって、そこに高周波電流を流すことによって120℃に発熱させて静脈を熱変性させるものです。
コイルに接触した部分しか焼けませんし、温度が決まっているので静脈に穴があいたりせず、術後の痛みや皮下出血もほとんどありません。



外科的手術(保険適応)

手術は弁が壊れた静脈を取り除きます。
比較的軽い場合は一部を縛って(結紮と言います)残りの部分に硬化剤を注射してつぶしたりします(結紮術併用硬化療法)。が、中程度以上になると、取ってしまう方がきれいになります。
これは抜去切除術と呼ばれるものですが、当院では麻酔方法と取り方を改良することで、どんなにひどくても日帰りで治療できるようになりました。
足の付け根に神経ブロックを行い、さらに睡眠薬を注射することによって、眠っている間に終了します。手術時間も正味1時間弱です。

弾丸ヘッド弾丸ヘッド

古い抜去方法は静脈の一方からワイヤーを通し、反対側に出たら先端に弾丸ヘッドを取りつけ、静脈をひっかけて引っ張り抜く方法でした。

これだと引っ張ってくるに従って静脈が塊となるし、回りの組織を巻き込んで傷つけますから、損傷が大きくなります。

PINストリッパーPINストリッパー

新しい方法はワイヤーの先端に穴が空いていて、端っこを静脈と糸で結んで引っ張りますから、静脈が裏表ひっくり返って(内翻)抜かれます。内翻ストリッピングという方法で、周囲組織を巻き込むことがなく、静脈だけが抜かれるわけです。私はさらに写真のようにPINストリッパーを用いています。これを静脈の一方から入れて適当な場所で突き抜きます。これによって小さな傷で抜くことが可能になりました。現在、最も小さな傷で抜ける方法です。
 

硬化療法(保険適応)

硬化療法(保険適応)

細かい静脈瘤の場合は、ポリドカスクレロールという薬液を静脈に注射して静脈瘤をつぶす方法が可能です。
静脈の太さによって濃度を変えたり、泡沫状に加工して注射することもありますが、非常に細かい静脈にも注射できる熟練の技が必要です。

PAGETOPへ